マンション投資の注意点

マネーの活用とキャッシングを利用して豊かな生活を送る

MENU

マンション投資の手を出すのは危険です

よく電話のセールスで、「投資用にワンルームマンションを購入しませんか?」などと営業マンが売り込みをしてきますね。ほとんどの人が相手にしないと思いますが、たまに引っかかってしまう人もいます。

 

本当に確実に儲かるのなら、プロの不動産屋が購入して長期的に運用しているはずです。もともと良い物件というものは、インサイダー情報として、業界関係企業が最初におさえてしまいます。

 

もちろん価格も市場の相場よりも、かなり安い金額で購入しています。普通の人間には良い物件などを、適正な価格で購入するというのは無理な話しなのです。

 

特に都心のワンルームマンションなどは、空室率も高く危険性も大きいです。部屋も基本的に狭いですから、独身でも敬遠する人が多い物件です。

 

その割に家賃は高めに設定されていますから、非常にリスクが高いのです。さらに物件が古くなっていくと、空室率は家族向けのものに比べても非常に高くなります。

 

そのため家賃保証などの規定も、新築から何年間までと限定的に設定されているのです。プロはしっかりとデータを持っていますから、自分たちに不利になるようなことは絶対にしません。

 

営業に関しても、不動産系は歩合制の報酬システムですから、強引なセールスが目立ちます。そしてこういう営業は経費も掛かり、余計に物件に割高感がつく原因にもなっています。

 

気の弱い人などは、しつこい電話攻勢に合うと思いますが、早めにはっきりと断り会話を続けないようにすることです。だらだらと話しつづけてしますと相手のペースになってしまいます。

 

良い物件は、セールスなどしないでも業者同士で取り合いになりますから、その点もしっかりと考えるべきです。これはすべての商品に言えることですが、売る側がやたらに積極的な場合は、買い手に取ってはあまり手を出さないほうが良い商品というケースが多いです。
不動産などは高額ですし、ローンを組んでやるものなので注意しなければなりません。

 

私の友人でも、ワンルームではありませんが、不動産投資をして賃貸物件の運用をしている人間がいます。でもやはり難しいようですね。少し部屋に傷が付いただけで直すのに高額の修繕費用を請求されたりと維持費もかなり掛かっています。

 

それと日本の法律では、圧倒的に借り手有利なので滞納するようなやっかりな店子でもなかなか退去してもらえないなど、リスク要因が大きいです。

 

よほど不動産分野に精通していて、物件の目利きも自分で出来て、面倒な管理も出来る人でなければ手を出さない方がいい分野ですね。